トップページ → シワ治療の種類

シワ治療の種類

加齢とともに、どうしても出来てしまうシワ。大きさや深さによって、人に与える印象が大きく変わってきますね。ここでは、シワに対する治療方法をご紹介します。

 

レチノイン酸(外用薬)
シワの治療において、効果が大きなレチノイン酸。日本で認められておらず、医師の自家製剤となります。ビタミンAが皮膚に作用し、ターンオーバーを活発にさせます。コラーゲンとエラスチンも活発に作られるようになります。刺激が強いので、赤みや皮むけが生じる可能性もあります。医師の話をよく聞いて進めましょう。

 

ケミカルピーリング
酸を使うことで、皮膚の角質をはがします。ニキビ、小じわ、シミに効果があります。酸の力で皮膚表面の角質をはがし、新しい細胞を形成します。ピーリングの後は、ビタミンCなどが浸透しやすくなっていますので、上手く組み合わせると良いでしょう。気をつけること:色素沈着の恐れがあります。医師と一緒に、しっかりとした管理が必要となります。日焼け止め対策を万全に。

 

注射でコラーゲンを注入
年齢と共に失われたコラーゲンを注射する方法です。小じわに効果があります。コラーゲンはいつか吸収されていきます。そのため、半年に一度くらいは注射をしなくてはいけません。

 

ヒアルロン酸を注入
皮膚に潤いと弾力を与えるヒアルロン酸を、直接注入することでシワやたるみを改善します。アレルギーや感染の心配がほとんど無いのが魅力です。コラーゲンと同じく、ヒアルロン酸も吸収されていきます。半年〜1年のサイクルで注射をしましょう。

 

ボトックス
筋肉を麻痺させることで、シワを作らせません。額、目尻、眉間に効果があります。表情を作りにくくなる事を分かった上で、治療を受けましょう。

 

レーザー治療
レーザーの技術が高まり、新しい機械が登場しています。これには2つのタイプがあります。
・ノンアブレイティブ・・・皮膚を傷つけないが、1回の効果は小さい。
・アブレイティブ・・・1回の治療で済むけど、肌を傷つける方法。

 

ラジオ皮治療
高周波により、小じわを改善する方法です。サーマクールやポラリスという種類があります。

 

外科的治療
手術をして改善する方法です。耳の辺りに切り込みを入れ、皮膚を吊り上げる「フェイスリフト」という方法があります。